ビジネスで使える英語の挨拶まとめ【電話編】

shutterstock_92526319

様々なビジネスシーンで役に立つ
英語の挨拶表現をまとめました。

今回は英語で電話をする時に
おすすめの表現を
シチュエーション別に紹介します。

  • 電話をかける時
  • 電話を受ける時
  • どちらでも使える表現

メモ等に書き留めて、
日々の電話に役立ててください^^

 

[ad#top]

 

電話をかける時

 

「◯◯さんをお願いできますか?」

取引先の相手に電話をかける時、
その人に直接つないでもらう
必要がありますよね?

その時に “ I wanna talk to ◯◯” では
「◯◯と話したいんだけど・・・」
となってしまい、
丁寧さに欠けてしまいます。

ビジネスシーンでは次のような
表現が好ましいです。

・I’d like to speak to ◯◯ please.
・Could I speak…
・I’m trying to contact…

 

「東京からかけています。」

電話の相手に、
自分のいる場所を伝えたいときは
次の表現が使えます。

・I’m calling from Tokyo.

 

「伝言をお願いできますか?」

目当ての相手が不在の時、
伝言を残したい場合には
次の表現がおすすめです。

・Can I leave a message?
・Could you ask…
・Could you tell…

 

 

広告

電話を受ける時

 

「私です。」

取引先からちょうど自分宛に
電話がかかってきた時は
次のように言うことができます。

・This is 【自分の名前】from 【会社の名前】
・【自分の名前】speaking.

 

「少々お待ち下さい。」

「◯◯さんをお願いできますか?」
という電話を受けた時は、
「少々お待ちください。」
という表現が適切ですね。

スケジュールを確認する時などにも
応用することができます。

・Could you hold on for a minute?
・Just a moment…
・Hold the line…

 

「◯◯につなぎます。」

「◯◯さんをお願いできますか?」
という電話を受けた時は、
「◯◯につなぎます。」という
表現を使うことも出来ますね。

次のように表現できます。

・I’ll put you through to ◯◯
・I’ll connect you…
・I’m connecting you now…

 

「あいにくですが◯◯は不在です。」

「◯◯さんをお願いできますか?」
という電話を受けた時に、
◯◯さんが何らかの理由で電話に
出られない時があります。

そのような時は、
次のように伝えることができます。

・I’m afraid ◯◯ is in a meeting at the moment.
・Actually, ◯◯ is off work today, because…
・◯◯ isn’t in at the moment, because…

 

「◯◯はいません。」

ビジネスの電話を受けていると
たまに間違い電話が
かかってくることがあります。

「◯◯という名前の社員はいません。」
は次のように表現できます。

・I’m afraid we don’t have ◯◯ here.
・I’m sorry…
・I apologize for the inconvenience, …

 

 

どちらでも使える表現

 

「スペルを教えてもらえますか?」

会話中に不明瞭な単語が出てきた時
その単語を明確にするために、
スペルを聞くことがあります。

人名や住所、店名の詳しいスペルを
知りたい時にも使えます。

・Could you spell that for me?
・Can I have the correct spelling…
・Can I have the right spelling…

 

「すいません、よく聞こえません。」

海外に電話をする時などは、
接続環境によって相手の声が
途切れることがあります。

それを丁寧に伝えるためには
次のような表現が使えます。

・I’m afraid I can’t hear you.
・The line is very bad, …
・Could you…

 

 

まとめ

以上今回は、
英語で電話をする時に使える表現を
3つのシチュエーションに分けて紹介しました。

・電話をかける時
・電話を受ける時
・どちらでも使える表現

ビジネスの電話を英語でする時は、
相手にとって失礼のないように
丁寧な表現を使うことが大切です。

 

知らない内に失礼な表現になっていた
ということがないように
注意しておきたいところですよね。

今回紹介した表現はすべて
相手に失礼がないように配慮した
丁寧な表現を紹介しています。

ぜひ参考にしてみて下さいね〜

 

 

 

 

 

 

広告

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Sponsored Links

広告

英語習得の為に!

ベルリッツ

コメント

コメントする

目次
閉じる