英語で友達に挨拶メール!カジュアルな表現はこれ!

shutterstock_399952555

友達に「元気?」「調子どう?」
「元気でね」「またね」などと
英語で挨拶メールを送る時に
おすすめの表現を紹介します。

ネイティブは友達にメール送る時、
大体5語以内の歯切れの良い
短いフレーズを好みます。

今回はそんな短い表現を中心に
集めていますので、
備忘録として活用ください^^

 

[ad#top]

 

メールを送る時に使える挨拶

・Hi./Hello. /Hey.
(やあ。/こんにちは。)

・How are you (doing)?
(元気?/調子はどう?)

・What’s up?/How’s it going?
(調子どう?)←慣れた人に対して

・How have you been?
(どうしてました?)←久しぶりの人に対して

・What have you been up to?
(何してたの?)

・How is everything?
(いかがお過ごし?)

・How is your day?
(今日はどんなですか?)

・What’s the matter?
(どうしたの?)

・Good morning.
(おはよう。)

・Good afternoon.
(こんにちは。)

・Good evening.
(こんばんは。)

 

メールの締めに使える挨拶

・Good night.
(おやすみなさい。)

・Sweet dreams.
(いい夢みてね。)

・I’ll miss you.
(さみしくなるね。)

・Take care.
(無理しないでね。)

・Please take care of yourself.
(体に気をつけてくださいね。)

・Good bye./Bye.
(さようなら。)

・Thanks!
(ありがとう!)

・I had fun!
(楽しかった!)

・See you next time.
(また今度ね。)

・Let’s keep in touch.
(連絡を取り合いましょう。)

・Have a nice day!
(良い1日を!)

 

 

まとめ

以上今回は、
友達に英語でメールを送る時に
おすすめの表現を紹介しました。

友達が海外にいる場合は
中々会う機会もないですから、
メールでコミュニケーションを
とることが多いと思います。

今ではFacebookやLINE 、Skype
などで気軽にメールが送れる
便利な時代になりましたね^^

今回紹介した表現をうまく活用して
日々のコミュニケーションに
役立ててくださいね〜

 

Sponsored links

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする