MENU
まずは無料体験!世界最大級のオンライン英会話教室
世界最大級のオンライン英会話EF English Live
【まずは無料体験!】業界初!予約不要で24時間365日好きな時にレッスンができる!『ネイティブキャンプ』
オンライン英会話のネイティブキャンプ
【まずは無料体験!】国際基準の英語レッスンはじめよう!『Global Step Academy 』
英語で考えるオンライン英語学習

【専門家からのコメント】海外旅行に絶対持っていきたい!あると便利な持ち物リスト

海外旅行の持ち物を準備する時、マニュアル本に書いてあるような定番のものだけで満足していませんか?

「パスポート」や「Eチケット」などの当たり前のもの以外にも海外旅行で役立つものはたくさんあります。

ここではそんな、マニュアル本には載っていないようなあると便利!な持ち物を紹介します。

  1. 南京錠(安全ピン)
  2. 洗面器
  3. 新聞紙
  4. 日本食
  5. ウェットティッシュ
  6. 折りたたみ傘
  7. 機内で使えるおやすみ系グッズ
  8. 防水ケース
  9. ニンテンドー3DS

気になるものがあれば、持ち物リストに加えてみてください。

オンライン英会話
目次

南京錠(安全ピン)

みなさんご存知の通り、日本はとても安全な国です。

電車で寝ていても、カフェで荷物を置いたままトイレに行ったとしても、盗難にあることはほとんどありません

この安全さは海外の人からみるとありえないでしょう。(日本の常識は海外の非常識)そのため、海外旅行ではスリやひったくりに遭う日本人観光客も多くいることでしょう。

バスや電車の中などでこっそりファスナーを開けられて財布などが盗難されます。大胆にカバンのファスナーを開けて盗っているので、気づきそうなものですが、被害にあったほとんどの人が後になって盗られたことに気付きます。

それを防ぐためには、カバンやバッグに南京錠をつけて鍵をかけておくことをオススメします。

わざわざ鍵をかけるのが面倒な人や鍵をなくしてしまう恐れのある人は、安全ピンで留めておくだけでも効果があります。

洗面器

海外旅行に歯ブラシなどの洗面道具を持っていく人は多いですが、洗面器を持っていく人は少ないですよね?

ですが、洗面器は海外旅行では意外と役に立ちます。

靴下や下着などホテルで簡単な洗濯をする時や、シャワーの調子が悪い時に活躍してくれます。

洗面器は入れ物としても使えるので、トランク内のスペースも意外ととりません。

行きは下着や靴下、洗面道具などを入れておけば良いですし、帰りは壊れやすい物を保護する入れ物としても使えます。

新聞紙

海外旅行で意外と役立つもの、その一つに新聞紙があります。「新聞は読まないから大丈夫!」そう思っている人はいませんか?

実は新聞紙は読むためではなく、ものを保護するために使えるのです。

例えば、スーツケースの底に敷くことで梱包材としての役割を果たしてくれます。また、お土産で陶器などを買った時その包装材としても使えますね。

広告

日本食

行き慣れた国に行く時や短期滞在であればまだ良いですが、初めての国に行く時や
1週間以上滞在するのであれば、日本食を持っていくことをおすすめします。

その国の食事が口に合えば全く問題ありませんが、「料理が口に合わない!」ということも十分ありえます。

そんな時には、お湯をかけるだけで食べられるラーメン・うどん味噌汁、保存のきく缶詰などがあると本当に助けられます。

訪れる国によっては箸がないこともありますので、割り箸を一緒に持っておくと良いかもしれません。

ウェットティッシュ

訪れる国によってはトイレに紙がない場合があるので水に流せるティッシュを持って行かれる方は多いと思います。

もちろん普通のティッシュは必需品なのですが、ウェットティッシュがあるとさらに役立ちます。除菌できるウェットティッシュがあるとちょっと清潔面で気になる時などに便利でしょう。

トランクのスペースに余裕がある場合はトイレットペーパーも入れておくと良いですね。

折りたたみ傘

折りたたみ傘やカッパなどの雨具はついつい忘れてしまいがちですが、忘れずに持っていきたい持ち物です。

いざ現地についてみたら土砂降りだった・・・なんてこともあります。

また、観光地を散策中に急に降ってくることもあるので、持ち運びやすい折りたたみ傘は必需品であると言えます。

機内で使えるおやすみ系グッズ

海外旅行に行くのであれば、数時間(国によっては数十時間)の間、飛行機に乗ることになります。フライト中でも快適に過ごすために首につけるクッションやアイマスク、耳栓などのおやすみ系グッズはあると便利な持ち物ですね。

これらのおやすみ系グッズは機内だけでなく、乗り継ぎの際の待ち時間や現地で交通機関に乗る時にも使うことができます。

防水ケース

ビーチやプールで遊んだり、船に乗る予定のある方は必須の持ち物。スマホや貴重品を水滴から守ってくれます。

最近は、首から下げられるタイプのものやケースに入れつつスマホの操作もできる便利なものもあるので、ビーチで写真や動画を撮る時にもぴったりです。

また、ジップロックなどのジッパー付きの透明袋があると、スマホや日焼け止めなどの小物をまとめたり、濡れた水着を入れたりできるので便利です。

ニンテンドーゲームなど

「海外旅行にゲームなんて!」と思うかもしれませんが、長いフライトや乗り継ぎの待ち時間にゲーム機があると便利です。

家族旅行でお子様がいる場合は、ゲーム機を渡すと大人しくしてくれるかもしれません。機内で安眠したい方や他の人の声がきになる方は、音楽やゲームを持っていきましょう。

まとめ

今回は、海外旅行に持っていきたいあると便利な持ち物を紹介しました。

  1. 南京錠(安全ピン)
  2. 洗面器
  3. 新聞紙
  4. 日本食
  5. ウェットティッシュ
  6. 折りたたみ傘
  7. 機内で使えるおやすみ系グッズ
  8. 防水ケース
  9. ニンテンドー3DS

「あれを持って来とけば良かった!」と後悔するよりは、「これがあって良かった!」と思える旅行にしたいですよね。ぜひ参考にしてみてください。

広告

専門家からのコメント

西野 由佳(Yuka Nishino)

【経歴】

  • 外国語大学の英文学科卒業
  • 国内メーカーや外資系企業にて、英文事務、貿易事務など、海外に関わる仕事に10年以上従事
  • 現在は、日本で働く外国人の在留諸申請業務に携わる
  • 一児の子育てとフルタイム勤務の傍ら、2021年9月より、ライター活動を開始

【保有資格】

サイト監修者詳細はこちらから

コメント

この記事で紹介されているものは、1週間以上の長期の旅行時にあると便利な持ち物だと思います。

長期の旅行で私が必ず持参するものの1つが日本食です

海外で食べ慣れない料理が続くと、飽きてしまったり、和食が恋しくなったりするという方も多いです。記事内では、ラーメンやみそ汁が紹介されていましたが、温めるだけで食べられるご飯とふりかけなどもおすすめです。

また、大抵のホテルではランドリーサービスを利用できますが、自分で手洗いすれば、余計なお金を使わず、最低限の着替えで済ませられます。

手洗いする場合は、洗面器の他、ハンガーと洗濯ロープもあると便利です。

海外旅行では、現地で購入できるものは持参しないなど、荷物を少なくする工夫も大切ですので、現地で調達できないものを優先して持っていくといいでしょう。

広告

【まずは無料体験!】業界初!予約不要で24時間365日好きな時にレッスンができる!『ネイティブキャンプ』

オンライン英会話のネイティブキャンプ

【まずは無料体験!】国際基準の英語レッスンはじめよう!『Global Step Academy 』

英語で考えるオンライン英語学習

まずはお試しで無料体験!世界最大級のオンライン英会話教室

オンライン英会話
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次