海外旅行におすすめの変圧器&コンセント変換プラグはこれ!

350164368_ce9abb60b5_z

海外旅行で日本の電化製品を使う場合、
その電化製品や訪れる国によって
「変圧器」「変換プラグ」を使う必要があります。

「変圧器」は海外の電圧を
日本と同じ電圧(100V)にするため、
「変換プラグ」は海外のコンセントの
形状に合わせるために必要です。

ただ、その国の電圧が何Vで
コンセントの形状はどれなのかを
把握することは少々面倒です。

photo by mark sebastian

 

[ad#top]

 

特に海外旅行によく行かれる方であれば
旅行の度に「変圧器」や「変換プラグ」を
買い換えるのは煩わしいですよね^^;

そのようなときは、
世界共通で使える「変圧器」や
「変換プラグ」を持っておくと便利です。

 

ということで今回は、
世界共通で使えるおすすめの
「変圧器」と「変換プラグ」を紹介します。

  • 世界共通で使える「変圧器」
  • 世界共通で使える「変換プラグ」

海外旅行の参考にどうぞ。

 

 

世界共通で使える「変圧器」

カシムラ 海外旅行用薄型変圧器 50W/35W TI-77

スクリーンショット 2015-03-20 18.12.28
[出典:amazon.co.jp]

価格:2654円

日本の電化製品を海外で安全に
使えるようにしてくれる変圧器です。

AC110-130Vの国では50VA(W)まで、
AC220-240Vの国では35VA(W)まで、
日本の家電製品を使用できます。

薄型・軽量・コンパクトで
コードも本体に巻いて収納できるので
トランクのスペースをとらず便利です。

 

ヤザワ 海外旅行用変圧器 全世界対応

スクリーンショット 2015-03-20 18.20.09
[出典:amazon.co.jp]

価格:6103円

AC110-130V、
AC220-240Vの国で使用でき
1500Wまで対応しているので
消費電力の多い製品も使用できます。

ドライヤー、電気ケトル、
アイロン(服用)、ホットカーラーなどの
【熱器具専用】の変圧器として
使うのにぴったりです。

 

注意する点としては、
電子炊飯ジャーや電子レンジ、
テレビ、コンポ、ヘアアイロンなど
使えない製品も数多くあることです。

使えない製品に使ってしまうと
家電が故障する原因となるので
使用可能な家電であるか
しっかりチェックして使うようにしましょう。

 

 

世界共通で使える「変換プラグ」

カシムラ マルチ電源プラグ サスケブルー

スクリーンショット 2015-03-20 17.52.20
[出典:amazon.co.jp]

価格:1800円

簡単に組み合わせるだけで、
世界中の電源コンセントの形状に
対応させることができます。

南アフリカの一部(B3Lタイプ)など
使えない国もあるようですが
ほとんどの国で問題なく使えます。

作りもしっかりしていて、
コンセントが簡単に外れることもないので
これ1つさえあれば、海外旅行の
コンセントに困ることはなくなります。

 

実際に使用した人のレビューを
下に載せておくので(一部抜粋)、
参考にしてみてください。

◯イタリア
◯香港
◯ドイツ
◯バリ
◯アメリカ
◯トルコ
◯オランダ
◯ベルギー
◯韓国
×シンガポール空港のラウンジ
×ベネチア

 

ヤザワ 海外用マルチ変換プラグ

スクリーンショット 2015-03-20 18.03.09
[出典:amazon.co.jp]

価格:1264円

差込口A・C・O・BF・UEとUSBに
対応したマルチ変換プラグです。

電圧も240Vまで対応しており、
世界中の都市で使用することができます。

 

AC電源をUSBに変換して出力できるので
PSPなどのゲーム機やウォークマンなどの
USB充電が必要な機器にも使えます。

トルコのホテルでは全く使えなかった
というレビューもあるので、
訪れる国できちんと使えるかどうかを
確認した上で購入しましょう。

 

 

まとめ

以上今回は、海外旅行で日本の
電化製品を使うときにおすすめの
「変圧器」と「変換プラグ」を紹介しました。

 

【世界共通で使える「変圧器」】
・カシムラ 海外旅行用薄型変圧器 50W/35W TI-77
・ヤザワ 海外旅行用変圧器 全世界対応

【世界共通で使える「変換プラグ」】
・カシムラ マルチ電源プラグ サスケブルー
・ヤザワ 海外用マルチ変換プラグ

 

最近では、PCやスマホなどは
特に変圧器を使用しなくても
世界中で使えるものが多くなってきています。

しかし、一部のドライヤーやシェイバーなど
海外に対応していない家電製品も
まだまだ数多くあります。

ドライヤーなどの消費電力が大きい製品は
対応する変圧器が高価で重たいものが多く
海外に対応しているドライヤーを
買い直した方が安上がりになることもあります。

 

海外で使用する予定の電化製品の
電圧と消費電力をしっかりチェックして
ぴったりの変圧器を選ぶようにしましょう。

変換プラグも全世界対応のものを選び、
「スマホが充電できない」
「PCのコンセントが差せない」
などのトラブルにあわないよう気をつけて下さいね〜

広告

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする