【専門家監修】運命の本に巡り会える!絶対に失敗しない英会話の本の選び方

8066070912_3780fa577a_z

「よし!英会話を勉強しよう!」と思い立って書店に駆け込んでみたは良いものの、そこには大量の種類の英会話の本が・・・

とりあえず書店オススメNo.1の本を買ってみたものの、何だかしっくりこない・・・そんな時ありますよね?

そこで今回は、星の数ほどある英会話の本の中から、自分にぴったりの本を選ぶことができる方法を紹介します。

  1. 目的を明確にする
  2. 自分のレベルに合った本を選ぶ
  3. 商品レビューを参考にする
  4. 中身を見比べてみる

photo by Nathan Penlington

目次
広告

運命の本に巡り合う!英会話の本・テキストの選び方は?

1. 目的を明確にする

英会話の本を選ぶ時にはまず、「何のために英会話を勉強するのか?」という目的を明確にすることが大切です。

海外旅行のために英会話を勉強するのであればトラベル英会話の本、外国人のお客様に丁寧な英語でおもてなししたい時には接客英会話の本、といった具合に目的に合った本を選びましょう。

以下の記事では、英会話を勉強する場面を10個のシチュエーションに分け、それぞれの目的に合ったおすすめの本を紹介しています。

→ 10個のシチュエーションから選ぶ!おすすめ英会話の本まとめ

広告

2. 自分のレベルに合った本を選ぶ

英会話の本には、これから英語を学習する人のための超初心者向けの本から、外資系企業でプレゼンできるほどの上級者向けの本まで、さまざまなレベルのものがあります。

効果的に英会話を学習するためには、無理に背伸びせず、自分のレベルに合った本を選ぶことが大切です。本の内容を理解できると、楽しく継続的に英会話を学習することができます。

3. 商品レビューを参考にする

本の評価を調べる方法として、商品レビューを参考にするという方法があります。

Amazonや楽天市場の商品レビューでは、実際にその本を買った人の感想を見ることができ、付いている☆の数で顧客満足度が分かります。

書かれている感想はリアルなものも結構多く、みんなが☆5つの高評価を付けている本は、内容が優れていることが多くおすすめです。

(逆に☆1つの低評価ばかりのものは、内容が薄くタメにならないことも多いのでオススメしません・・・)

4. 中身を見比べてみる

商品レビューを見て良さそうな本に当たりをつけたら、実際に中身を見比べてみましょう。

オンラインショップで売られている本の中には、「なか見!検索」という機能が付いている本もあり、実際に何ページか中身を見ることが出来ます。近くの本屋さんで見比べることもできますね。

「百聞は一見に如かず」ではないですが、実際に中身を見た方が自分に合うかどうかイメージしやすいですし、英文の内容や色づかいを見てピン!とくる本もきっとあるはずです。

広告

まとめ

以上今回は、絶対に失敗しない英会話の本の選び方を紹介しました。

1. 目的を明確にする
2. 自分のレベルに合った本を選ぶ
3. 商品レビューを参考にする
4. 中身を見比べてみる

今回紹介した方法を参考に、自分に合った本を見つけて、効率的に英会話の勉強に励んでみて下さい。

広告

専門家からのコメント

田中 康充(Yasumitsu Tanaka)

帰国子女で、アメリカの大学であるCanisius Collegeを卒業、TOEIC 960以上、外資エージェンシーであるEdelman Japanにて翻訳作業や動画の編集を行う。

保有資格:TOEIC 960点

監修者一覧(詳細)はこちらから

<コメント>

シンガポール、フランス、アメリカに住んでいた者です。

英語に限らず、本で言語を学ぶときは、発音が聞き取れるCDや音声データがダウンロードできる機能がついた書籍で学ぶことをおすすめです。英語が上達しない理由の一つに、読む、書く、以外の感覚を使っていないことがしばしば挙げられます。より多くの感覚を使えば使うほど脳に刺激が与えられ、学んだ単語や文章がより覚えやすくなります。CD付きがいいのは、文章を読んだ後に正しい発音を聞いて、その後にシャドーイングなどを行って話して、また読むといった、多くの感覚を使って言語を学べるからです。

実際に、僕の英語が話せなかった友達も、このやり方を進めたら、英語に慣れて、勉強するのが楽しくなったといっていました。

人それぞれですが、「読む」、「書く」、に加えて「聞く」を取り入れるのは英語習得の近道と言えますので、皆さん一度試してみてはいかがでしょうか。

広告

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Sponsored Links

広告

英語習得の為に!

ベルリッツ

コメント

コメントする

目次
閉じる